フルフル♪ブログ

おうち時間とお写んぽをのんびりと楽しんでいます。

COOPくっかないホイルの実力

「COOPくっかないホイル」は、アルミホイルの片面にシリコーン樹脂が塗布されており、焦げ付く料理もくっつかないという、料理する人を助ける便利な商品です。

 

 

間違わないで!「つや消し面」が「くっつかない面」

f:id:fluflu96799576:20210403121122j:plain

くっつかないホイルはアルミホイルの片面にシリコーン樹脂を塗布(とふ)してあります。シリコーン塗布面が「くっつかない面」なのですがつや消し面で、裏面がピカピカしているので、「どっちを上にして使用するの?」と一瞬戸惑いましたが、「この面に食品をのせてください」と親切に書かれているので、安心して使用することができます。

 

火加減も気にせず、ガンガン焼きます

f:id:fluflu96799576:20210403121140j:plain

鮭には、少しかりっと感を出せるため、でん個粉を振りました。

また、ホイル焼き風にするために、しめじも一緒に焼くことにしました。グリルや焼き網をつかって魚を焼くときにはできない、手抜き技です。

 

焼いた面がスルッとはがれる不思議な感覚

f:id:fluflu96799576:20210403121206j:plain

片面が焼けたところで、魚をひっくり返してみました。

すると、焼いた面のくっついた感覚が全くなく、スルっとはがれ、ひっくりかえすことができました。なのに焼きあがった面は、カリカリに焼けており、とても不思議です。

火加減もまったく気にしなかったのに、煮崩れもなく、料理が楽になりました。

 

調理終了後はフライパンを洗う必要なし

f:id:fluflu96799576:20210403121220j:plain

両面焼きあがって、鮭としめじを取り除いたときの写真です。 

ほんとに全く、くっつきも焦げ付きも、まったくありません。シリコーン塗布、素晴しい。

アルミホイルが破れていないので油漏れもなく、調理終了後はフライパンを洗わなくてもいいかな?と思うくらいのレベルです。

 

料理を焼くにしてくれるグッズ「COOPくっかないホイル」

f:id:fluflu96799576:20210403121235j:plain

本当にこびりつきがないので、さらに焦げやすい照り焼きやじゃがバターにチャレンジしてみたいです。

 

今回は、料理を焼くにしてくれるグッズ「COOPくっかないホイル」をご紹介しました。光沢面に食材をのせて使用すると、もちろんくっついてしまいますので、アルミホイルに表示されている「この面に食品をのせてください」をご確認の上、ご使用ください。

コープきんき ファンサイト参加中

 

関連記事

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!