フルフル♪ブログ

株主優待と、超小型犬と、カメラとの生活をまったりと楽しんでます。

京都・東光院で風鈴と風車の魅力を満喫!

こんにちは!先日、京都府にある東光院に足を運び、素敵な風鈴と風車の世界を楽しんできました。その素晴らしい体験を皆さんに紹介します!

東光院

公式ホームページ

東光院は、高野山真言宗に所属する古刹です。

正式には菅谷山法隆寺東光院と号し、本尊は薬師如来を祀っています。

寺伝によると天武天皇の白鳳二年(673)理趣仙人によって開創され、七堂伽藍を備えた寺院でありました。

寛弘二年(1005)聖楽上人が中興し、坊舎二十一坊を備えて隆昌したが、応仁の乱につづく延徳の兵乱(位田の乱)の兵火で焼失し、更に明暦年間にも火災にあって炎上しました。

東光院につくと立派な山門がお出迎え。歴史を感じます。

風鈴まつり

公式ホームページ

東光院の風鈴祭りは、一部と二部に分かれていて、

第一部は紫陽花とのコラボレーションを楽しむ季節、

第二部はかざぐるまとのコラボレーション期間です。

 

2023年の開催期間は

第一部 6/3 - 7/2

第二部 7/15 - 8/31

です。

 

あじさいも見に行きたかったのですが、あっという間に第二部の時期になり、風車とのコラボを楽しんできました。

まずは、風鈴エリアへ

まず、風鈴のエリアへ向かいました。

軽く風に揺れる風鈴が、木々や緑の中に美しいアクセントを加えています。鈴の音色は、耳に心地よく響き、心を癒してくれるような気がしました。ピンクや黄色、緑など、さまざまな色の風鈴の紙がとても明るい楽しい雰囲気でした。

風鈴を見ると涼しさを感じると思っていたのですが、暑い暑い、、、

この日は猛暑日でした。

それでも時々風がふき、ちりーんちりーんと聞こえます。風鈴の音は良いですね。

濃い色のかざぐるまをバックに揺れる風鈴はこんな感じ。

かざぐるまのエリア

さきほどの色の濃い風車と異なり、こちらは室内になります。

格子に収まるかざぐるま

手前に置いたテーブルへのリフレクションも楽しめます。

こちらは虹のトンネル。

虹色の風車の数が凄くて、とても綺麗でした♪

 

愛犬🐾とのお散歩

公式ホームページでは情報を見つけることはできませんでしたが、愛犬とのお散歩はokでした。

ただし、建物の中には入れませんので、格子に収まるかざぐるまの写真を撮りに行くときは、飼い主さん交代で行きましょう♪

お寺での愛犬との散歩は、リラックスしたひとときを過ごすことができますが、周囲の環境を尊重し、他の参拝者に迷惑をかけないように配慮することが大切です。お寺の雰囲気を楽しんで、安全に愛犬と楽しんでくださいね。

写真スポット情報

住所:〒623-0043京都府綾部市上延町堂ノ奥7

アクセス:

駐車場:有(無料)

おすすめツアー

クラブツーリズム

クラブツーリズムのガーデンや山野草などをめぐる「こだわりの花めぐり」旅・ツアー!20年以上の歴史を持つ「花めぐり」では国内・海外の四季折々の花に出会える旅をご案内。

おすすめアクティビティー

南魚沼・十日町・津南(六日町)のアクティビティ・遊び・体験・レジャー

風鈴🎐のおすすめスポットをご紹介

📷季節ごとの関西の絶景をご紹介【絶景カレンダー】

四季折々の美しい絶景を楽しむために、関西おでかけ絶景カレンダーを作成しました。月ごとに、おすすめのスポットをご紹介しています。

近隣の宿泊施設

私のカメラは

いつも下の2台を持って出かけています。 

カメラ:Canon EOS R7  レンズ:望遠レンズ Canon ZOOM LENS EF 70-300mm 1:4.5-5.6 IS II USM  マウントアダプタ:  Canon  EF-EOS R EOSR対応 EF-EOSR

カメラ:Sony 6600α レンズ:高倍率レンズ E 18-135mm F3.5-5.6 OSS または広角単焦点レンズ E 15mm F1.4 G

ランキング参加中です(バナーのクリックをお願いします)